引越しの際に必要な電気に関する手続き

トップページ > 引越しの際に必要な電気に関する手続き

引越しの際に必要な電気に関する手続き

引越しをする際には電気に関する手続きもすることになるので、ここでは、その電気に関する手続きについて見ていきます。引越しをする日が決定したときには、引越しをする2週間ほど前には今住んでいる場所を管轄している電力会社に住所が変わることを伝える必要があります。

 

その際には、契約者本人が連絡するのが基本で、住所と氏名、引越しをする予定日を伝えてください。電力会社に引越しをすることを伝えると、引越しの予定日に電力会社の担当者が訪問します。

 

そのときに電力料金を支払うことになるケースがほとんどですが、当日に支払わないときには、後日、請求書が新しい住所に郵送されてくると思うので、そのときに清算しましょう。電気料金を口座引き落としにしている方は、届け出ている口座から引き落としがされていることと思いますので、後日確認しておくと良いでしょう。

 

引越しを何度も行っている方の場合、荷物を運んだり、手続きをしたりといった作業は簡単にできることでしょう。しかし、引越し未経験の方の場合、電気料金以外にも手続きをしなければいけないものがたくさんあるので、メモなどをしておいて忘れないようにしましょう。

 

電気は引越しをする予定日ギリギリまで使用するものです。しかし、引越しの作業が思うようにいかず引越しをする時間が遅くなると電気を使えないということもあり得ます。引越しに慣れていない方の場合、そのようなことが起きてしまう可能性があるので、引越しをするときにはほかの準備をきちんとしておくようにしましょう。

 

また、引越しの準備に追われて電力会社に連絡を入れるのを忘れてしまう可能性もあるでしょう。そのようなことを防ぐためには、電気の手続き以外にも、手続きをする順番をメモしておいて、順番に1つずつ終わらせていくようにすると良いでしょう。