食欲と睡眠の関係性

トップページ > 食欲と睡眠の関係性

食欲と睡眠の関係性

食欲と睡眠には関係性があり、睡眠を十分に取らないと食欲が増し、太りやすくなってしまうとされています。夜遅くまでゲームをしたり勉強をしたりしていると脳というのは興奮状態になります。脳が興奮状態になると、摂食中枢という部分が刺激を受け、食欲が増してしまいます。

 

睡眠が足りていない状態だと、満腹だと感じさせる物質であるレプチンという物質の量が減ってしまいます。これとは逆に、食欲を増す働きがあるグレリンという物質が胃の中で生成されます。これにより、食欲が増してしまうのです。

 

また、メラトニンというホルモンも少なくなります。睡眠が足りていないとストレスを引き起こすホルモンも増加します。そうすると精神を正常に保てなくなり、イライラしたり、精神のバランスをコントロールする物質であるセロトニンの量も減ってしまいます。

 

これらの作用により、「食べるのを止めなさい」という指令を出す満腹中枢の機能が正常に機能しなくなって、どんなに食べてもお腹がいっぱいにならなくなってしまいます。

 

食欲を抑えるためには、一定量のセロトニンが必要です。セロトニンとは、アミノ酸の1種で、脳に吸収されて働く物質です。そのセロトニンが豊富に含まれているのは肉類や魚類、乳製品なのですが、セロトニンを増やすには、これらを普段の食事でたくさん摂取することが大切になってくるのです。

 

また、セロトニンが出る量を増やすためには、太陽光をたくさん浴びて運動をしたり、自分の好きな曲でリラックスができる曲を聴きながらマッサージをしてもらうことも大切です。

 

ほかにも、集中をして何か作業をした後は、脳が疲れてしまい、セロトニンが少なくなってしまう傾向にあります。以上のように睡眠をしっかりと取ることが食欲を抑えるためには大切になってきます。