引越し時の水道の手続き方法

トップページ > 引越し時の水道の手続き方法

引越し時の水道の手続き方法

水道についても電気と同じで引越し当日まで使用するものですね。水道料金も電気料金と同じく口座振り込みに対応しており、毎月請求書や領収書が送られてきますが、引越しする場合には、その請求書や領収書に書かれているその地域を管轄する水道局へ連絡を行います。

 

もし、請求書や領収書がない場合には、市役所にある水道部及び水道課に連絡しましょう。連絡する際には、特別な事情が無い限り、契約者本人が行い、その他の手続と同様に遅くても1週間前までには、連絡しましょう。連絡する際には、住所、氏名、引越しする日時から場所などを伝える事で、引越し当日になると、担当者がご自宅へお伺いします。

 

場合によっては、その場で水道料金の精算を行う場合もありますが、新居へ引越しした後に精算する場合もあります。なお、口座振替を利用している場合には、指定口座より自動的に引き落としされますので、領収書や通帳で確認しましょう。水道に関する手続きについて、以上が一般的ですが、住んでいる所によって手続き方法が若干変わる場合があるので、よく確認しておきましょう。

 

水と言うのは、生活する上で必要不可欠なものであるため万が一、忘れたとしても後々気付き手続きを行う事も出来ますが、余計な手間を作らないためにも引越しする日時や場所が決まったらその他の手続同様にすぐに連絡するほうが良いでしょう。

 

万が一、水道局への連絡を忘れたために新居において、水道が使えない場合でも連絡する事で早くて当日、遅くても翌日には、使えるようになるので心配は要りません。