血糖値が高くなる原因

トップページ > 血糖値が高くなる原因

血糖値が高くなる原因

人間は食事を通じて体の活動に不可欠な栄養素を摂取しています。その中で糖質は炭水化物として摂取し、体内で消化・分解されてブドウ糖となり、血液中に送られ、細胞内でエネルギーとしいて
利用されます。

 

その時に血液中に増えすぎた糖質(血糖)を全身の細胞に取り込ませたり、脂肪や筋肉に中性脂肪やグリコーゲンとして蓄える働きをするのがインスリンです。しかし、糖尿病になると、インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンそのものの働きが悪くなったりして、血糖を上手く蓄えることができずに高血糖状態、つまり血糖値が高い状態が継続してしまいます。

 

高血糖状態が長期間にわたって続くと、全身の血管がダメージを受け、さまざまな合併症を引き起こす原因になります。具体的には、高血糖状態が続くと、細い血管の血流が阻害され、その細い血管が多く集まる網膜や腎臓に障害が出てきます。同時に末梢神経にも悪い影響を及ぼし、足の方から壊疽が始まる原因になります。

 

また、より太い血管にもダメージを及ぼし、血管壁が固く変化して、血管内の血液の通り道が狭くなったり、詰まったりしてしまいまい、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が進行すると、血管が完全に詰まってしまい、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や下肢閉塞性動脈硬化症が起こります。

 

動脈硬化は、高血圧や脂質異常といった他の生活習慣病との相互作用によってさらにその危険性が増します。高血圧や脂質異常などで通院中の方は、特に高血糖症にも注意しましょう。